ニューヨーク最難関高入試 なぜ学力試験廃止⁈

〇ペーパーテストの廃止の目的

・ニューヨークのエリート8難関高やバージニアにて学力試験を廃止

・中学(の上位1.5%等)ごとに入学枠を設ける(=黒人多め中学から黒人が合格できる)

アジア系は半分に、黒人は5倍に。(元々人口比7割占める黒人ヒスパニックはエリート高校生総数の1割しかいなかった。最難関校のスタイベサント高校900人の新入生のうち黒人は10人のみ)

・貧乏だと加点、英語が不自由だと加点、低学力中学だと加点

アジア系が73%から54%に落ちて、黒人・ヒスパニック・白人の割合上昇

アジア系は人口比2割しかいないはずの学区でトップ校の73%を占めるのも、まあ極端ですけどね。(データはNYT記事×による)

昔はアファーマティブアクションって、白人vs.黒人と思われていたのだが、最近はアジア系を抑制する目的と手段になった。

学力試験廃止でアジア系を抑圧


〇国際スポーツのルール変更と似ている

まるで、日本人が勝ちだすと水泳やスキージャンプの規則自体が変えられてしまうという感覚と同じ。

アジア系がこんなに勝てるわけない=ルールがおかしいに違いない=ルール変えてしまえ!という感覚を普通の欧米人はもっています。

それにしても、アメリカってやることが極端なんですよね。学力試験だとアジア系ばかりになってしまうのが、ニューヨークの市長・教育長にも嫌われており、教育長がアジア系に入試制度が支配されているとか演説するのはスゴイ😱

いづれにしても、ルールの変更には勝たせたい人や勝たせたくない人が念頭に置かれているものなのです。


↓クリックで応援お願いします!

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

「今年行くべき52箇所」日本スポット15年分紹介【米紙NYタイムズ】

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学