海外大受験・進学で合格率100%の推薦状の実例

海外大学院への進学にあたって必須の推薦状とは?


日本の一般大学受験では使われないので、どのようなものかイメージしにくいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、自分が書いてる推薦状のテンプレートをご紹介します。

海外大合格率100%の推薦状実例


〇推薦状【実例】

まずは、推薦状を書いている筆者の自己紹介。

そして、「彼はうちの会社で有望な人材で~」と褒める。

昔、「一緒に仕事したときに、彼のおかげで仕事がうまくいったエピソード」の紹介。

特に、「関係者をマネジメントしたり、プレゼンやコミュニケーション能力がすごい」と持ち上げる。

今は、「こんな重要な仕事を彼はやっている」と紹介する。

ところで「彼は、このようなことを学びたいと思っている」として、

「彼の様な若くて有望な人材に、貴大学院のコースは最適です」と述べる。

また、「彼は、スポーツのコーチもやっていて、学生に教えてるんだ。組織運営や若い学生ともコミュニケーション出来てスゴイ!」と勉強以外にスポーツかつリーダーかつボランティアかつコミュニティ活動をやっているアピールをかます。

ちなみに英語は全然問題なしとさらりと触れる。

むしろ、「おたくの学生たちは、彼のアカデミック経験と職業経験から利益を得ることになると思うよ」とコメントを入れ。

「彼について、わかんないことあったら何でも聞いてね!」で締める。


〇補足解説

どうでしたでしょうか?

歯が浮くような、褒め台詞が並んでますね。

実はこれ、私に書いてもらった推薦状のテンプレートです。

そして私が推薦状を書く時も、こんな感じのテンプレートで中身を入れ替えています。

今のところ合格率100%なので、問題ないでしょう。

(お手紙の形式よりも、合格に足る人物しか推薦していないというのが当然の主要因ですが...)


あと、必ずしも公式大会優勝とかでなくても、たしなみとしてスポーツも何かやっといた方がいいです。実際に、上記の様に定性的にでもエッセイや推薦状に書けますから。

(本ブログはタイトルからして、もちろんスノースポーツおススメします)


なお、当該海外大の卒業生、職場の偉い人、母校の先生の3通を揃えて提出すると合格率が高まるという説が一般的です。


↓クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へブログ村 筆者プロフィールへ

学歴ロンダリングの試算」へ

グーグル公認超優秀生が米国16大学に不合格だった理由」へ

米国大学院卒親が息子を海外進学させない理由」へ

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!」へ

↓受験関係記事のボタン

↓1日1回クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!

今月の人気記事ベストテン

来年の東大合格者数の予想【灘・筑駒を聖光が抜き、栄光vs浅野や日比谷vs翠嵐で逆転が起きる2024年⁈】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

めざせスキー検定1級!小学生の難易度?ジュニア3級~動画や合格率

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

自分の子どもを800人つくりました【少子化対策⁈】

不合格覚悟で東大に突撃する生徒が多い学校【改訂版】

鉄緑会中3第1回校内模試結果【レギュラー入り電話はいつくる⁇】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

2月の勝者にえぐられた古傷