米中留学を減少させ日本流入を増加させた措置【TheNewYorkTimes記事評】

先日のTheJapanTimes記事評で、米国行きの困難性の増加が、中華系の日本流入につながっているとして、かなりの反響(33万インプレ)を頂いたところですが、以下の通りTheNewYorkTimes記事に低調な米中学生交流についての詳報がでました。

こんなに制限があれば、中国パスポートでの米国留学には、学業を満了できないリスクすらあり、米国行きを諦めて、日本流入が増えるのも納得できます。

どんな措置で米中の学生交流が低調となり日本流入が増加?


米留学生は中国人が一番多い。2023年でも29万人。

(←これは、よく聞く)


・コロナ前は、西欧以外のアメリカ人の留学先は中国が1位

(←日本でないのは悲しい!)


アメリカ人中国留学11,000人→350人に激減。2019年→2023年。

・アメリカ大使は米国は中国人留学生を歓迎しているとの建前を述べた

・米防衛省から補助を受ける公的機関やハーバードは語学留学先を本土から台湾変更、学生の留学を禁止するケースも

・中国人はアジア人への差別銃犯罪の多発に加えて米中関係悪化による米検察省のチャイナ・イニシアティブ[人種に基づく経済スパイ取り締まり]の再開を懸念

(←人種差別とか実効性への批判があり今はやってない)


・トランプ時代から続く米秘密政令10043号により人民解放軍とのつながりが強い(航空宇宙関係などの)大学出身の生徒の米大学院への留学禁止

(←大学リストは非公開だが、人民解放軍の影響から逃れられる人など中国にいないとも思うが)


自動運転の研究をしていた博士課程学生が中国に一時帰国している最中にビザを無効化・発給拒否されるケースもあり

・ビザ無効化・発給拒否は2020年に3000件(コロナ前の学生ビザ発給数は2019年108,000→2022年24,000→2023年98,000)


・中国内においてもスパイ取り締まりを強化し、米欧資本が経営(提携)する大学の学問の自由にも介入強化

・米投資ファンド最大手ブラックストーンズの創業者シュワルツマンが150億円の私財と450億円の集めた寄付により創設した中国No.1大学の精華大学大学院への奨学生プログラムに米軍士官候補生を参加させないことになった

・米外務省教育局が出資するフルブライト奨学金制度もトランプ時代から中国への適用停止


・ノースカロライナ大チャペルヒル校において中国を研究する講座で中国への学生渡航を禁止した件などは、中国専門家を育成できなければ米国の損失になるとの批判もある

(←ノースカロライナ大学チャペルヒル校はパブリックアイビー8校のひとつで名門難関大学です。)


これだけ、いろいな制限や就学期間途中でビザが無効化されるリスクを考えれば、中国パスポートでの米国留学には、学業を満了できないリスクすらあり、米国行きを諦めて、日本流入が増えるのも納得できます。

↓クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へブログ村 筆者プロフィールへ

サピックスの上位100のうち10は中華系」へ

アメリカの大学を日本の大学ランキングにこじつけてシンプルに理解」へ

年1500万円もらえる奨学金の意外な財源」へ

留学奨学金の獲得者は1%と知っての海外大志望?」へ

海外大受験・進学で合格率100%の推薦状の実例」へ

学歴ロンダリングの試算」へ

グーグル公認超優秀生が米国16大学に不合格だった理由」へ

米国大学院卒親が息子を海外進学させない理由」へ

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!」へ

↓受験関係記事のボタン

↓1日1回クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!

今月の人気記事ベストテン

来年の東大合格者数の予想【灘・筑駒を聖光が抜き、栄光vs浅野や日比谷vs翠嵐で逆転が起きる2024年⁈】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

めざせスキー検定1級!小学生の難易度?ジュニア3級~動画や合格率

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

自分の子どもを800人つくりました【少子化対策⁈】

不合格覚悟で東大に突撃する生徒が多い学校【改訂版】

鉄緑会中3第1回校内模試結果【レギュラー入り電話はいつくる⁇】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

2月の勝者にえぐられた古傷