高1冬の第2回校内模試

 高校1年生の第2回校内模試です。

高1冬第2回校内模試


高校2年で行われる残り2回で校内模試も終わりです。

高3になると、鉄の校内模試はありませんから、大手予備校の模試のみで立ち位置を判断していくことになります。

つまり、駿台全国模試と東大模試で判断。


〇競争激化⁈

総合 100位付近

英語 偏差値60オーバー

数学 偏差値60オーバー

英語の成績の方が良かったです。


なにしろ、生徒数が高校から激増(400人増)しているので、中学と同じ順位を維持するのは至難の業です。


↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

高1後半の大手予備校の模試結果

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学