Xや報道では貸与型奨学金をdisる論調だが意外にも...【読書録】

久米忠史著『奨学金まるわかり読本』の読書録



最近奨学金関係の話題が賑わっていたので、読んでみました。

〇中学受験する家庭で覚えておくポイント

有利子奨学金でも極力借りるべき

公的制度ですのでかなりの低金利で在学中は無利子のため、学生支援機構(旧日本育英会)の有利子Ⅱ種でも借りて、バイト時間節約した方が有利と思いました。極論言えば、手元資金あっても、別途運用するなり使うなりした方が良い感じ。


私立医学部で在学中申込で借るべき

所得制限が1200万弱で、引っかかるのですが、進学後は学費分を収入から控除できるそうですので、私大の医学部に行った場合には、所得制限に引っかからない家庭が増えそうです。

私立医学部は、各種部活動などにも金がかかりそうですので、極力手元資金を厚くしておいた方がよさそうです。


・報道やXではセンセーショナルに「貸与型の奨学金など借りるべきではない」という論調が多いですが、理論的に制度詳細を見ていくと、(所得制限が最大の難関だが)公的制度だけあって利用できるのであれば、利用した方がオトク!というのが良く分かったのが意外な発見です。

やはり、Xやセンセーショナルな報道に流されず、読書は重要だと再認識しました。


〇機関保証を選択する人の方が破産しない謎

・2018年4月採用奨学生の人的保証51%で機関保証49%だが、返還者の破産8108件のうち、機関保証は475人に過ぎない。

親・親族に迷惑がかからない、機関保証の方が気軽に返還をやめそうなものですが、機関保証を選択した人の方が返済率が高い。

人的保証は、返済意欲の向上に向けた効果は薄いのかも知れません。

「人に頼っているようではダメだ!」みたいな感じですかね。


↓クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へブログ村 筆者プロフィールへ

年1500万円もらえる奨学金の意外な財源」へ

留学奨学金の獲得者は1%と知っての海外大志望?」へ

海外大受験・進学で合格率100%の推薦状の実例」へ

学歴ロンダリングの試算」へ

グーグル公認超優秀生が米国16大学に不合格だった理由」へ

米国大学院卒親が息子を海外進学させない理由」へ

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!」へ


↓受験関係記事のボタン

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

「今年行くべき52箇所」日本スポット15年分紹介【米紙NYタイムズ】

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学