育成テストやれば公開模試の偏差値あがる?

範囲のあるテスト対策に追われていて、公開模試の偏差値はあがるのか?

特に4年生とか気になりますね!

ということで、我が家の事例紹介です。


〇4年後期

4年後期の隔週の範囲のあるテスト(育成テスト)の4科共通評価平均8.5

→公開模試平均57

うちは話題の公文など勉強系習い事や先取りの類は一切なしで、4年後期通塾開始なので、4年後期がスタート。

育成テストの評価8は偏差値60以上という意味で、評価9が偏差値65以上という意味なので評価8.5だと偏差値62相当のハズなんですけど、スタートしたばかりのせいか偏差値5相当分(=62-57)が追いついていません

隔週の育成テストと公開模試の得点関係


〇5年はともに上昇

5年の毎週の範囲のあるテスト(育成テスト)の4科共通評価平均9.1(+0.6)

(9,8,8,7,10,9,10,9,10,9,10,9,9,10,8,・・・・)

→公開模試年間平均64(+7)


範囲のあるテストの成績が向上し、範囲のない公開模試の成績向上もみられます。

当たり前ですけど、先ずは範囲のあるテストを仕上げることが、範囲のない公開模試で高得点をマークするための必要条件

また、育成テストの評価9は偏差値65以上という意味なので評価9.1だと概ね偏差値65相当となります。ほぼほぼ、公開模試の偏差値が育成テストの換算偏差値に追いついてきました

中期的にはスパイラル学習により、育成テストの評価に公開模試の偏差値が追い付いてくる傍証でもあります。


〇とにかく詰め込みでも範囲のあるテスト優先

6年前期あたりは意見が分かれるかもしれませんが、5年生までのうちは、とにかく一夜づけでもなんでも、まずは範囲のあるテストに全力投球してました。

忘れるのは当然としても、6年などで改めて覚えるときに、再度覚えるのにかかる時間が短くなり、忘れるまでの時間が長くなります。

6年秋に初めてやりましたなんてものを、身につけられるわけがありません。

カリキュラムがスパイラルで組まれているので、自然と公開模試の偏差値が追い付いてくるハズというのは、前節で検証した通りです。


毎週の努力を継続する支えとして、(隔)週ごとのテストに全力投球する効果(=「当たり前のこと」)を改めて検証しておきました。


↓クリックで応援お願いします!


↓1日1回クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!

今月の人気記事ベストテン

来年の東大合格者数の予想【灘・筑駒を聖光が抜き、栄光vs浅野や日比谷vs翠嵐で逆転が起きる2024年⁈】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

めざせスキー検定1級!小学生の難易度?ジュニア3級~動画や合格率

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

自分の子どもを800人つくりました【少子化対策⁈】

不合格覚悟で東大に突撃する生徒が多い学校【改訂版】

鉄緑会中3第1回校内模試結果【レギュラー入り電話はいつくる⁇】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

2月の勝者にえぐられた古傷