三体【ネトフリと原作と中国の怒り】

 ネトフリで三体シーズン1を見ました。


何年か前に原作を書籍で通読しているので、話の筋がうっすらと頭に残っていることもあり、原作の時ほどの感動はありませんが、面白い。

原作を読んだことがある者も、楽しめます。


難解な説明が所々出てくるのと、話が原作に比べて省略されている部分があるので、書籍を読むのを強くおススメ。


米紙NYタイムスでは、中国では怒りを買っているとの記事(ギフトリンク)がありました。


怒りの理由は、

・登場人物が中国人から(下のNYタイムス写真のとおり)黒人白人ラテン南アジア系に置き換えられている(中国の存在感が薄い)

・文化大革命の描写が残酷すぎる

からという事です。

主要登場人物 出典:NYタイムス


そもそも中国人が執筆した中国の検閲を通っている小説ですし、意図的な中国批判をあまり感じさせません。

また、登場人物の人種置き換えは、そこまで、怒るような理由でもないような気がしました。

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

「今年行くべき52箇所」日本スポット15年分紹介【米紙NYタイムズ】

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学