日韓関係改善は社会でどう出題されるのか【TheNewYorkTimes】

TheNewYorkTimesに日韓関係改善の記事が出ていました。

(ギフトリンク↑このリンクからのみ無料で全文読めます)

日韓関係改善を受験的に考察


受験的には、 


中国大陸で強大な統一国家が誕生

日本列島では中央集権国家を樹立したり

朝鮮半島南部との連合を模索して防衛する


等の視点で

この事象(日韓中の関係)をとらえるのが歴史の先生や研究者は大好きです。

例えば、

・唐の脅威に対抗するための大化の改新(→中央集権国家の樹立)

・百済との連合による白村江の戦い(vs.唐)

が有名です。

東大日本史でもよく出題されるテーマ。

中学受験でどのレベルの理解が必要かは、塾の社会の先生にお任せします。

自分が小中学生の時を振り返っても、ここまでは深く理解していなかったので、最終的にはなんとかなるとおもいますが。

しかし、2千年の歴史からみると大陸が統一されていた期間というのは意外に短いのですよね。

南北に分かれていたり、内陸と海に分かれていたりしていた期間が意外と長い、多様性のある国だと歴史の本には書いてあります。

他のTheNewYorkTimes記事評の一覧は下のボタン↓

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

「今年行くべき52箇所」日本スポット15年分紹介【米紙NYタイムズ】

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学