超エリート中高一貫校が閉鎖

出典:NYタイムズHP

〇トイレ逆流でイートン校閉鎖

米紙NYタイムズによれば、ウイリアム王太子やヘンリー王子、歴代首相が通った超エリート中高一貫校である英国イートン校

テムズ川の洪水(過去10年で最高水位)で下水管からトイレに逆流がおき、笑うしかない状況になり閉鎖中で、リモート授業で当面対応するとのことです。

どういう悲惨なことになっているのか、大腸菌とか拡散しているハズなので心配になります。

伝統があるだけに、インフラも相当老朽化しているのでしょう。

年900万円(63,500ドル)支払っているそうですので、払い戻しはないのかと余計な心配をしたくなりますが、超金持ちが入学するのが基本なのでそういうセコイことは言わないのでしょう。


〇若い校長のもとで改革

別のNewYorkTimes記事(ギフトリンク)によると、史上最も若い校長のもとで、特待生を増やし貴族子弟減らすなどの改革中との報道もありました。

ただし、女子入学も議論はあるが、予定してない。

燕尾服廃止の予定もなし

進学先は米アイビーリーグが増加中とのことです。

生徒の75%は授業料年57,000ドル満額支払っているとのことであり、日本の教育格差議論がつつましく見えるレベルの金額です。

(初稿2023/7/17 閉鎖について2024/1/11加筆)


↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

高1後半の大手予備校の模試結果

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学