ネトフリ創業者がセレブ会員制スキー場を創設し、いつでもパウダー!

 NYT記事(ギフトリンク)によると、

・総資産9000億円のネトフリ創業者が赤字続きのユタ州のパウダーマウンテンスキー場を150億円で購入(借金の150億円も継承)し、プライベートゲレンデ化!

・リフト4本やスキーセンター2カ所やレストランや高級スパを新設投資

・3億円の別荘を購入して年1千万円の会費を払った人だけが滑れるプライベートゲレンデエリア800haを区分

・隣接エリア970haも購入してプライベートエリアに編入

・プライベートエリアでは降雪から8日たっても軽いパウダーあり!

・誰でもリフト券買えば滑れるパブリックエリア2600haも残す

・パブリックエリアでは、年パスの販売数制限を撤廃して、1日券は販売数制限を導入

ネトフリ創業者
ネトフリ創業者のビリオネアであるヘイスティング氏(上記NYT記事より)




苗場スキー場が約200haですので、プライベートエリアとパブリックエリアは各10倍の広さ

別の報道(下記X中のギフトリンク)でも、スキー場をプライベートゲレンデ化する記事は読みましたが、今回は誰でも滑れるパブリックエリアを残して、反対勢力の先鋭化を防ぐのもキーポイントでしょうか。実際に冒頭のギフトリンク記事中でも、2022年に加州のホームウッド山スキー場で、プライベートゲレンデ化を発表したが、猛反発をくらい撤回したことが紹介されています。



3億円の別荘を買って、年1千万払い、1週間以上前のパウダーが楽しめる!というのが主なウリと予測。

単にすいてるスキー場行きたければ、平日行けばいいだけですので、軽いパウダーが喰われていないというのがセールスポイント。「かぐらスキー場」とか、午前中に喰い尽くされる所で生じる、あの殺気だった一番乗りロープウェイ競争に参加しなくていいわけです。

土日祝日のみの営業となっているばんしゅう戸倉スキー場(の解説ブログ記事)の巨大セレブ版とも言えます。


しかし、このシステムには、「会員の数やサービスの質に利用者側が歯止めをかける保証・手段がない」という大きな欠陥があります。

つまり、ヘイスティング氏の一存により、会員権の内容が変わってしまう不安感がぬぐえません。


このため、私としては、年末年始などにまとまってスキー場に宿泊し、降雪翌日のゲレンデ脇パウを狙うにとどめたいと思います。。。

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

高1後半の大手予備校の模試結果

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学