スタッドレスタイヤ・ブリザックRFTの購入記【交換作業追記】

さて、スタッドレスタイヤを買いに行かないと売り切れてしまいます。

スタッドレスタイヤの値段交渉

〇前回と前々回どうしたのか

前回はスタッドレスタイヤのみを交換、ブリザックRFT

・イエローハットで18万円丁度の見積もり(10月中全額入金が条件)

タイヤのフジで17万円丁度の見積もり

フジで購入。

別途タイヤ保険という無駄なものに入ってしまったので、今回は入らない様にしようと思う。

一応製造年新しいのをお願いしたら、当年度製造(2018年29週製造×4本)のが納入されて満足度は高かった。

5シーズン使いました。

さすがに5シーズン目は圧雪交差点で左折するときに、横滑り気味になったので、4輪駆動でも限界です。

良い子は真似してはいけないレベルですね。

今年こそ、新品スタッドレスに交換しなくてはなりません。


ちなみに、その前は冬スタッドレスタイヤ・ホイールセットで252,280円で2015年末に購入。


〇今回はカー用品店A

近年の物価高によりどれくらい値上りしているのか心配です。

フジのHPで値段を調べると、工賃込み20万ぐらいと思われました。

見積もりを取りに各店舗を回るのも面倒なので、21万以下だったらいつも利用している近くのカー用品店Aで買おうと決めて、交渉したら、妥結。

当初は23万ちょいが提示されましたが、交渉では他のオプションをしっかり確保してあることを示すのが基本です。

というか、フジの方が安いのは分かっているので、最初からフジいけば、店舗巡りの問題は解決しますね。


納期ですが、今工場で製造中なので、決められないそうです。

ということは、「去年の古タイヤを押し付けられる」ということが起きないのは安心です。

スタッドレスタイヤは鮮度が命ですからね。

(正確には鮮度とはゴムの柔軟性のこと)

去年のタイヤなど押し付けられたらワンシーズン分、損します。

今年は気合の「11月かぐら」とか行くつもりもないので、12月あたりに交換しようと思います。


〇12月上旬に交換

1回、11月20日に入荷の電話らしきものがかかってきてたのですけど、放置しているうちに12月も中旬が近づいてきましたので、12月上旬に電話して入荷を確認。
予約しようとしたら満車で予約できないとのことでした。
12月は混むんですよね。
午前中に行って、2時間待ち表示でしたが、作業時間もホイールからのゴム外しとつけで時間かかるとのことで、待ち時間と作業時間をあわせると合計3時間10分かかりました。

2023年36週製造のタイヤ

4本とも2023年36週製造のタイヤでした。去年の残り物ではありません!

触るとプニプニで柔らかく、コチコチの5シーズン使用した硬化したタイヤとは違いますね。

帰り道は、乗り心地がよい感じ。

気分的にも新しいタイヤは気持ちがいいです。

子供の車酔いも減りそうな予感がします。

(初稿2023/10/18 交換追記12/10)

スキースノボ関係記事は下のボタンより↓

↑同カテゴリー記事へのボタン↑ クリックでブログ村ランキングup応援お願いします!↓

今月の人気記事ベストテン

東工大と医科歯科大は偏差値下がるのか⁇【東京科学大へ!】

4年から6年で偏差値はいくつ上がるのか【中学受験】

鉄緑生が増えても中高一貫校の合格実績は伸びない⁈

中学受験の持ち偏差値で我が子の東大合格率がわかる!

R4偏差値は信用できるのか?ー日能研の合格実績ー【中学受験】

持ち偏差値の最高と最低合格者の差分ランキング【中学受験】

鉄緑会中1第1回校内模試の好順位でレギュラー?講習選択のポイントも

「早慶に一番入りやすいのは付属高校!」の噂の真偽【中受vs高受の難易度】

「今年行くべき52箇所」日本スポット15年分紹介【米紙NYタイムズ】

5月祭で耐震性不足の赤門や東大英語リスニングが聞き取りにくい会場を見学